縮毛矯正した髪を傷ませないブローの仕方 | 墨田区でヘアカラーなら 美容室MomomaruJapan

電話番号 0336101111 アクセス

NEWS新着情報

縮毛矯正した髪を傷ませないブローの仕方

カテゴリー: 縮毛矯正

縮毛矯正をした髪は、とてもデリケートです。

施術後のシャンプー・トリートメントも大切ですが、

ブローの仕方もとっても大切です。

乾かし方、ブラシを使ったブローの仕方で

ずいぶんかわってきます。

縮毛矯正のもちさえ変わります。

 

 

髪を洗ったあと、すぐにかわかさないで

濡れたままの状態が長いと、デリケートな状態の縮毛矯正毛は

摩擦などでダメージが進行してしまいます。

キューティクルも開いていて無防備な状態なんです・・・。

ですからできるだけ早く乾かす事が大事。

 

まず、タオルドライでしっかり水分をふき取るのですが、

バサバサ、ゴシゴシふいては、キューティクルがはがれてしまうので、

やさしくタオルではさみふきします。

乾かすときには、洗い流さないトリートメントを

つけた方が断然良いです。

仕上がった時の質感と、ブローのやりやすさに違いがでます。

適量つけて、

全体にまんべんなくなじませるために

くしでとかします。

次にドライヤーでかわかす時の注意点です。

 

指で髪をとくようにして、上から下へ温風をあて乾かしていきます。

根元を乾かす時だけ振りながら温風をあてます。

振りながら乾かすと、くせが伸びやすくなります。

そして、髪を軽く引っ張りながら乾かすと、

うねるくせは伸びやすくなります。

こうしてフィンガーブローで80%乾かします。

ここからブラシを使ってのブローです。

ブラシを使うと、キューティクルが整えてられ

ツヤがでます。

まだ髪は少し濡れているので

傷みやすい状態なので、ゴシゴシ乱暴に扱わず

丁寧にやさしくブラシを通して熱を当ててかわかします。

最後に髪質、ダメージ度合いにあった

トリートメント成分配合のワックス・ヘアークリームをつけて仕上がりです。

ほんのちょっとの違いできれいが続きますので

ぜひお試しください・・・

 

墨田区墨田 美容室 桃丸JAPAN ブログ担当 ほり

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

予約フォームはこちらから