育毛カラーのアフタープロセス

カラー後のキュア(手当て)と その効果

『わずかに残る【活性酸素】、【アルカリ】、【過酸化水素分解】を完全除去する

アフターキュアの作用成分

1)活性酸素除去:リンゴポリフェノール/ワインポリフェノール
リンゴポリフェノール
2)残留アルカリ除去:乳酸/リン酸
3)過酸化水素分解:カタラーゼ
4)消臭:柿タンニン
5)髪の質感向上:ポリオクタニウム-10
育毛カラー後、過酸化水素は残りませんが、活性酸素アルカリはごくごく微量、
残る可能性があります。

このアフタープロセスでは、その微量に残る活性酸素とアルカリの徹底除去が主な目的です。

活性酸素、アルカリは微量でも髪への影響は大きいので、育毛カラートータルなプロセスの
中で完全に排除します。

さらに、配合成分ポリオクタニウム-10は シャンプーのアニオンに吸着して、
コアソルベート生成を促進し、髪が よりしなやかになります。

シャンプー時の摩擦も少なくなるので、より傷みにくくなりますね。

結果、育毛カラー後のアフターキュア、このトータルなプロセスによって、
活性酸素・アルカリ・過酸化水素の 残留成分は完全に除去されて、
頭皮が荒れたり、かゆみが出たり、髪バサつきやゴワつきの原因を取り除くことができます。

育毛カラーアフターキュア

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です