縮毛矯正とストレートパーマどちらがむいている?

髪型をストレートヘアーにしようと思ったら、

ストレートパーマ縮毛矯正のどちらを選択したら良いのか悩む方がいると思います。

ストレートパーマと縮毛矯正はどちらも髪をまっすぐにする施術です。

どこが違うのか、その違いと特徴を説明します。

 

ストレートパーマは、一度かけたパーマをおとしてストレートに戻すパーマです。

パーマによるカールを取ったりするのに適しています。

もともとのくせ毛をまっすぐに伸ばす事には適してません。

ストレートパーマは、髪のクセが比較的弱い方に向いています。

ストレートパーマも縮毛矯正と同じく薬剤をしようして髪をまっすぐにします。

ヘアーアイロンなどを使用して熱処理をする縮毛矯正と比べると

髪への負担は少ないのですが、やはり、薬剤を使用するので、

髪へのダメージはありますので、施術後は、しっかりトリートメントをする事をおすすめします。

 

縮毛矯正は、もともと髪のクセが強い方が、髪をまっすぐにするのに適しています。

薬剤に加えてヘアーアイロンなどの熱処理でクセを伸ばすので、

根元から毛先まで半永久的にまっすぐに仕上がります。

ブローですぐまっすぐになる方でも、雨の日で湿度が高いときや、髪が濡れた時にクセが出てしまうような方も

縮毛矯正の方が適しています。

縮毛矯正は、薬剤処理と高温のヘアーアイロンやドライヤーで熱処理によって髪をまっすぐにするので

その分、ストレートパーマよりも髪への負担は大きくなってしまいます。

もともと、ダメージがある場合などはきれいなストレートにならない場合があるので

施術前のしっかりしたカウンセリングをおすすめします。

ストレートパーマも縮毛矯正も髪へのダメージはおこります。

施術後のアフターケアは重要です。

 

 

縮毛矯正した髪のきれいを持続する!

 

自分にはどちらの施術でストレートにするのが良いのか参考にしてください。

 

墨田区墨田 美容室 桃丸ジャパン ブログ担当 ほり

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です