夏のヘアケア

夏場にはヘアダメージを与える原因が、意外とたくさん潜んでいます。

<夏場のヘアダメージ原因>
・紫外線
・汗
・冷房による乾燥

ダメージを防いでうるツヤ美髪をキープするためには、これらのダメージ原因をしっかりチェックして、それぞれに対策を取ることが大切!
原因別に夏髪のダメージ対策を、詳しく解説します。

中でも夏場のヘアケアで、一番注意をしなければいけないのが『紫外線』。

最近では髪や頭皮も、肌と同じように日焼けするということをご存知の方も増えてきています!

私たちの体には、紫外線を吸収してダメージ予防をしてくれる『メラニン』という色素がありますが、

髪の表面にはメラニンが存在しないので、紫外線の影響をダイレクトに受けて、表面のキューティクルが損傷してしまいます。

そのため、紫外線をたっぷり浴びてしまうと「髪のツヤがなくなってパサパサ」「ヘアカラーが色あせてしまう」などのダメージが現れるのです。

肌のUVケアをしている人は多いですが、髪や頭皮も忘れずにUVケアがおすすめです。

<髪や頭皮のUVケア>
・帽子や日傘で紫外線ブロック
・まとめ髪でダメージを最小限に
・髪用日焼け止めスプレーでコーティング
・紫外線を浴びてしまったらトリートメントでヘアケア
・頭皮も日焼けしているので頭皮用保湿剤でケア

紫外線は夏前の3~4月ごろから、徐々に強くなっていきます。
髪のUVダメージをしっかりケアするなら、夏の期間だけでなく秋にも紫外線対策は必須です!

夏場のヘアダメージ原因は、紫外線だけではありません。
実は『汗』も、頭皮や髪にダメージを与えるんです!

頭皮は汗腺や皮脂腺が全身でも1番多い場所です。
かいた汗をそのままにしていると、皮脂と一緒に変質して、臭いやかゆみの原因になります。

頭皮環境のバランスが崩れると、髪もゴワゴワに……!
汗をかく前にケアして、健やかな頭皮状態をキープしましょう。

汗・皮脂ダメージから頭皮を守るためには、まずはシャンプーから見直しましょう。

汗や皮脂、汚れが頭皮の毛穴に詰まると、髪にもゴワつき、うねりが生じます。
しかし洗浄力の強すぎるシャンプーでゴシゴシ洗いすぎると、頭皮や髪が乾燥してしまいトラブルの原因になります。

髪を洗う際は、シャンプーをしっかり泡立てて、指の腹で頭皮をマッサージするようにやさしく洗いましょう。

シャンプー後のヘアドライも重要です。 頭皮が濡れたままだと、髪の根元が蒸れてしまい、常在菌が過剰に繁殖してフケやかゆみが生じます。

さらに濡れたままの髪は、キューティクルが開いているためダメージを受けやすくい状態です。

シャンプー後は丁寧にタオルドライで水気を取りアウトバストリートメントやヘアオイルなどを髪に塗布し、

髪の毛を保護してからドライヤーでしっかり頭皮から乾かしましょう。

髪を乾かす際は、まずは根元を中心の強めの温風で一気に8割程度乾かします。 全体がある程度乾いたら、

弱めの温風に切り替えて、前髪や毛先までしっかり乾かします。 最後に冷風で髪表面とキューティクルを整えれば、ツヤツヤの仕上がりに!

レジャーの時のヘアケアも大切ですが、実は夏場は日常生活にも髪が傷む原因が潜んでいます。
それが『冷房による乾燥』です。

夏場は湿度が低く空気が乾燥していますが、室内は冷房を入れているため、さらに乾燥した状態です。
空気が乾燥していると、髪や頭皮のうるおいが奪われてパサパサになってしまいます。

冷房の乾燥ダメージ対策には、オイル系トリートメントやスタイリング剤が大活躍♡ 髪表面をうるおいでコーティングして、髪の乾燥を防ぎます。

ミルクタイプのスタイリング剤よりも、コーティング力が高いオイルが◎。 乾燥しやすい毛先を中心になじませましょう。

髪の毛だけでなく乾燥ダメージは頭皮にも現れます。

お風呂上りなど頭皮を清潔にした状態で、頭皮用の保湿ローションでケアするのがおすすめです。

保湿ケアと一緒に頭皮マッサージで血行促進すれば、美髪への近道です!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です