サッスーンを切る! ベーシックカット『ファイヤーフライ』

サッッスーンベーシック、ファイヤーフライを切る
社内勉強用に久しぶりのファイヤーフライ、切ってみました。

サッスーンカットのベーシック中のベーシックです。
これを精巧に切るのはなかなか難しい(笑)。

サッスーンベーシック『ファイヤーフライ』

まずは、ロングのウイッグ、余計な長さをバッサリ切って、
長めのボブくらいにしたところからスタート。

a2

いわゆる「グラデーションカット」です。まずセクションをブロック。

a3

耳たぶの下の長さで水平にカット、ガイドを作ります。

a4

続けて、耳後ろからネープに向かってつなげます。

a5

次のパネルを分けとります。

a6

下のパネルをガイドに、30度、リフトしてカット。

a7

フロント側を短くしてしまいやすいので、切り込まないように。

a8

仕上がりの流れをイメージして、軽くシェープしてみます。

a9

次のセクションのカットを続けます。

a10

これまでと同じように、下のパネルをガイドにリフトアップさせてカット。

a11

上に上がるにつれて フロントが不安手になるので、慎重に。

a12

サイドが終わったら、バックセクションに入ります。

a13

バックのリフトアップする角度は45度、サイドよりもを上げてカットします。

a14

ベースが切りあがりました。

a16

ベースのパネルの中間~毛先にセニングを入れて、軽さを出します。

a17

ブローしてスタイリング。

a18

サイドからバックにかけての毛流れが特徴のファイヤーフライ、流れがキレイでしょ!

a19

日本人は髪が硬いので、このヘアスタイルを作るときには 軽めにパーマかけるか、

ブローのテクニックが必要ですね。

墨田区美容室MomomaruJapan Andrew

サッッスーンベーシック、ファイヤーフライを切る

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です