今日、バッサリ切られるお客様がヘアドネーションに協力してくれました。 | 墨田区でヘアカラーなら 美容室MomomaruJapan

電話番号 0336101111 アクセス

NEWS新着情報

今日、バッサリ切られるお客様がヘアドネーションに協力してくれました。

カテゴリー: こいつはスゴイ! 新着情報

hair donation

ヘアドネーションとは

頭皮・頭髪に関わる何らかの病気が原因で髪の毛を失って、ウィッグを必要としている子どもたちがいます。

そんな子どもたちに、医療用ウィッグの原料となる毛髪を提供することをヘアドネーション・・・といいます。

寄付された髪の毛は、特定非営利活動法人によって選別・加工の工程を繰り返したのち、

ウィッグとして生まれ変わり、子どもたちの元に届けられています。

今回、協力してくれたのはⅯさん、そして、娘さん(中学生)の2人。バッサリといっちゃいました。

2ドネーション

根元近くをゴムで縛って、バッツリいきます。

髪の長さの要件は、一応 31センチ以上の長さがある・・・となっていますが、それに近ければ大丈夫なようです。

3ドネーション

私の髪、傷みがひどいんだけど・・・という場合もだいじょうぶ。

引っ張ると切れてしまうほどにダメージがなければ、パーマ、カラー、ブリーチをしていてもオッケーなんですね。

4ドネーション

くせ毛だから・・・これも大丈夫です。年齢も性別も国籍も問いません!

5ドネーション

気をつけるのは1点だけ、乾いた状態で送る…ということです。

湿っている髪の毛は、カビや雑菌が繁殖する可能性があるんですね。

そして、

NPO法人の Japan Hair Donation & Charityに切った髪を送って、しばらくすると 受領のハガキが送られてきます。

9ドネーション

病気で髪がない・・というのは、大人でもつらいですけど、

子どもさんにはもっと悲しい症状だと思うんです。

ウィッグを使うことで、少し笑顔が生まれたらいいですね。

興味がある方は、以下のサイトを眺めてみてはいかがでしょうか。 https://www.jhdac.org/index.html

0ドネーション

墨田区美容室MomomaruJapan Andrew

予約フォームはこちらから