髪をきれいに保つシャンプー | 墨田区でヘアカラーなら 美容室MomomaruJapan

電話番号 0336101111 アクセス

NEWS新着情報

髪をきれいに保つシャンプー

カテゴリー: 新着情報 未分類

髪をツヤのある綺麗な状態にするために、とても大切なことは

普段のシャンプーを丁寧に行うことです。

なぜなら、頭皮には汚れや不要な皮脂が溜まりやすく、

それらを毎日洗髪でしっかり洗い落とさないと、

綺麗な髪どころかすこやかな髪を保つことも

難しくなってしまいます。

また、頭皮の毛穴に不要な皮脂や汚れが詰まっていると、

髪にくせが出たり、頭が臭くなってしまったりとトラブルの原因になってしまいます。

頭皮や髪をしっかりと洗っているつもりでも、意外と地肌まできちんと

洗えている人は少ないそうです。
「たかが洗髪」とあなどらず、自分の洗い方が間違っていないか一度確認してみましょう。

そこで本日は髪をツヤのある綺麗な状態にするために

大切だと言われる、理想的なシャンプーの方法をご紹介いたします。

1 <洗髪前に髪をブラッシング>

頭皮 皮脂
シャンプー前には、髪の絡まりや付いてしまったホコリなどの汚れを、

あらかじめ落としておくためにブラッシングを行いましょう。

髪の毛をブラッシングしておくだけでもある程度汚れを落とすことができ

、シャンプーの泡立ちをよくすることも期待できます。

また、髪が絡まったままシャンプーをして、毛髪が傷むことを防ぐ対策に

もなると言われているのです。

2  <頭皮をしっかり濡らす>

加齢臭 髪 シャワー
シャワーの温度をぬるま湯に設定し、シャワーヘッドを頭皮に近づけます。

地肌を丁寧に、1分以上かけてもみほぐすように予洗いしましょう。

スタイリング料が落ちにくいときは、指の腹で髪を揉み洗いします。

それでも落ちないときは軽く泡立てたシャンプーで予洗いして

スタイリング剤を落としてから本洗いを行いましょう。

3  <一度水気をきる>

洗髪 頻度 水切り
両手のひらで毛先を挟み、押し出すようにして水気を切ります。髪が短い方は、

オールバックにするように髪を撫で付けましょう。

髪の毛の水分が多すぎると、シャンプーの泡立ちが悪くなってしまい、

泡が少ないせいで髪同士が擦れて摩擦による影響で髪を傷めてしまわない

ためにもある程度の水気は必ず切りましょう。

4  <シャンプーを手のひらで泡立てる>

頭皮 皮脂
シャンプーを手のひらで泡立ててから、頭皮にのせていきます。

泡立ちが悪いと、シャンプーが頭皮に行き渡りづらくなることもありますし、

原液のままだとシャンプーが毛穴や髪に残りやすく、

毛穴詰まりや髪の傷みに繋がることがあるので気を付けましょう。

うまく泡立たない場合は、泡立てネットなどを使ってみることもおすすめです。

モコモコの泡で洗うのが理想的です。

5  <シャンプーの泡は頭皮から付ける>

髪の毛 ベタベタ シャンプー
シャンプーで最も大切なことは、頭皮を洗うことです。

後頭部から洗いはじめて髪を持ち上げるように手を入れて、

下から上へ向けて泡をのせていきます。

6  <頭皮をマッサージするように洗う>

頭皮 皮脂
頭を両手でわし掴みするように指を拡げ、指の腹で円を描くように揉みほぐします。

そのあと、指の腹をジグザグに動かすのがポイントです。

この時爪を立ててしまうと頭皮を傷つけてしまうので注意しましょう。

頭皮をしっかりと洗うことで、髪の毛も自然と洗えていると言われています。

襟足やこめかみなど、洗いづらい部分もしっかりと丁寧に洗いましょう。

7  <最後にしっかりとすすぐ>

頭皮 臭い 対策
最後に、シャンプー剤が残らないようにすすぎ残しのない

ようにしっかりと洗い流します。

シャンプーは、頭皮から流していきます。頭皮にシャワーを当てながら、

洗った時と同様に、優しくもみ洗いしながらすすぎましょう。

 

          墨田区墨田 美容室 桃丸 ジャパン

          ブログ  歌丸

 

 

予約フォームはこちらから